AIDでバイアグラや改善薬を入手する

AIDは個人輸入代行業者になります。海外の医薬品を取り扱っている輸入業者です。海外の医薬品というと、違法性を感じる方もいるでしょうが、個人で使う限りであればまったく違法性はありません。バイアグラといったものから、勃起改善を図る漢方薬も取り扱っています。AIDといった業者を利用する方の目的は、個人でしかも内緒で購入することができる点をメリットと感じ利用しています。クリニックで処方されるのを恥ずかしいと感じる人も多いです。

しかしこの点は少し注意が必要です。AIDはあくまでも個人輸入代行業者であり、クリニックではありませんので、診察は行っていません。バイアグラといったED治療薬は、服用してはならない人もいます。そのような人が服用すると、重篤な副作用が引き起こされる可能性があります。日本国内の医薬品であれば、たとえ副作用が出たとしても救済制度がありますが、個人輸入代行業者から購入した医薬品に対しては対象外になります。すべて自己責任で服用する覚悟が求められます。

またAIDのような個人輸入代行業者から仕入れる理由が他にもあります。それは保険の問題です。バイアグラをクリニックで処方してもらう場合、すべて自己負担となり保険を使うことができません。よって高額な医療費が掛かります。ED治療薬は一度服用すれば改善するといったものではありませんので、改善が必要な時に服用する必要があります。その度に高い医療費がかかります。それを改善するために個人輸入代行業者を利用する人が多いです。この業者が取り扱っている商品には、バイアグラのジェネリック薬品もあり、格安の値段で購入することができますので、医療費を抑えることができるでしょう。

ED治療薬には種類がたくさんありその効果も違う

ED治療薬には様々な種類があり、その効果は薬によって違います。
よく知られているED治療薬にバイアグラがあります。
バイアグラはアメリカのファイザー社が製造し販売をしているもので、日本では1999年に発売の認可が下りてから沢山の人が使用しています。
バイアグラの効果は抜群で、糖尿病でも70%以上の人が効果があるというのが大きな特徴であると言えます。
このバイアグラの服用から効果が出るまでの時間は、30分から1時間ほどかかります。
また持続時間は4時間ほどなので、それらを考えて服用する必要があります。
その他に有名なED治療薬としては、レビトラが挙げられます。
このレビトラは、ドイツに本社を置くバイエルが製造し販売をしているもので、日本では2004年に販売を開始しました。
レビトラはバイアグラよりも効果は高く、服用後15分から30分で効果が出てきます。
ですから即効性があると言えます。
但し服用することで心臓に負担がかかる場合もあるので、その点は十分に注意する必要があります。
その他には、シアリスというED治療薬があります。
このシアリスは、イタリアに本社を置くイーライリリー社が製造し販売しており、日本では2007年に認可され販売されています。
シアリスの特徴としては、持続時間が挙げられます。
最長で36時間も持続するのです。
バイアグラの4時間と比べても、その持続力の長さに驚かされてしまいます。
そのため性行為をするだいぶ前に服用しても効果があるので、外出する前に予め飲んでおくこともできるのです。
その点において、とても便利なED治療薬であると言えます。
但し頭痛やめまいなどの副作用もあるので、注意する必要があります。
このようにED治療薬には様々な種類のものありその効果も薬によって違うので、どの種類のED治療薬が自分に合っているのかを考えてから服用する必要があります。

バイアグラの偽造薬に確実な見分け方はある?

個人輸入代行などで販売されているバイアグラには、偽造薬が含まれているケースも多いです。
バイアグラを取り扱っているクリニックによると、6割は偽造薬だと言います。
個人輸入を利用した場合、60%の確率で偽物を購入してしまうわけです。

クリニックで処方を受ける場合は、100%本物を入手できます。
それにも関わらずクリニックを避ける方が多い理由は、健康保険の適用外なので非常に効果であること、そしてEDの診断を受けることが恥ずかしいこと、などがあります。
EDの検査では下半身を露出することは通常ありませんが、ペニスを見せると考えている男性がほとんどです。
また、定期的にクリニックに行くのが面倒で、個人輸入に手を出してしまう方もいます。
特に自宅からクリニックまで遠いと、通院するのが面倒になるものです。
1ヵ月分程度は処方してくれますが、それ以上のまとめ購入はできないのが普通です。

バイアグラの偽造薬の確実なる見分け方は存在していません。
医師や薬剤師などのプロですら、見た目だけでは判断が難しいと言います。
内容成分はどうであれど、見た目はそっくりに作られているため、成分調整をしなければ判断できないのが現状です。
専門機関に調査を依頼するのが確実な見分け方でしょうが、これを個人で行うような人はいません。

個人輸入でバイアグラを購入するときは、偽造薬を購入してしまうリスクを知っておく必要があります。
そして、日本で販売されていない用量には手を出さないことです。
100mgのバイアグラは国内承認されていないため、クリニックでも入手できません。
日本人の体形に合わない用量ですから、避けたほうがいいのです。
現在において確実なる見分け方は存在しないので、確実に本物を利用したい方はクリニックで購入するべきです。

バイアグラのネット通販で健康被害と偽造薬のリスク

バイアグラは性的なコンプレックスを抱える男性に嬉しいお薬です。
即効型の医薬品として定評があり、短い待ち時間で固いペニスが得られるため、
セックスレスに悩む夫婦の間で、今ブームとなっています。
ED治療薬のパイオニア的な存在であり、その知名度は世界的なレベルです。
もちろん日本人ユーザーの間でもバイアグラの人気は高く、
それをネット上の輸入代行業者から取り寄せる人々も増えました。

バイアグラネット通販サイトは豊富に存在しており、
それぞれ輸入代行業者によって、価格や品揃えが違っています。
自宅に居ながら自由にED治療薬が買えるため、バイアグラネット通販サイトのリピート客になる日本人も多いです。

ただしバイアグラネット通販を利用する際は、偽造薬を掲載するHPに気をつけましょう。
ブランド品のお財布同様にお薬の世界にも偽造薬と呼ばれる悪質なまがい物があります。
お隣の国々で製造される偽造薬は、ある意味で非常に品質が良く、見た目だけでは本物と区別出来ません。
しかし主な成分が異なっていればバイアグラとして服用出来ませんし、
中には正規品とは別物の成分が大量に含まれた偽造薬もありますので、
そういった怪しい製品を使用してしまうと重大な健康被害に遭遇します。

失明や心臓疾患などの健康被害を偽造薬で負っては取り返しが付きません。
重大な健康被害に遭ってからでは手遅れですので、
危険なサイトからは極力、バイアグラを買わないようにしましょう。
クレジットカードが一切使えないサイト、日本語表記が著しく乱れている変なHP、
そういった輸入代行業者は信頼性に乏しいです。
自衛のためにも、不審な輸入代行業者とは関わらないほうが良いでしょう。

医療業界における情報の非対称性

医療業界では、いわゆる情報の非対称性が働いています。
情報の非対称性とは、サービスの提供者と受給者の間で知っている情報量、質に差があることによって、サービス受給者が不当な価格や低品質のサービスを受給しなくてはならないことを示した経済用語です。
医療は専門性が高く、学問として深く学んだ方を除き、医師から提供された情報が本当に正しいかどうか、判断が難しい領域です。
つまり、広告で○○が治る!と、医師が医学的根拠のない誇張表現を使ったとしても、サービスの受け手はその判断をすることができません。
そんな状況からサービス受益者を保護するのも、薬事法の役割なのです。
とはいえ、やはり経営危機に陥っている人は必死です。
病院の経営者には、その人自身はもちろん、その家族、従業員などの生活がかかっています。
そんななかで集客難に陥り、つい薬事法違反の広告表記をしてしまうという方も多く存在します。
だからこそ、薬事法は経済や政治動向に応じて随時変更がされるべきであり、制定以降で最大の改正がなされたことが記憶にあたらしいです。
もちろん、薬事法の目的は、医療全般の品質、効果、安全性向上が主であることは間違いありません。
しかし、今までご説明した背景も、薬事法の意義といえるのではないでしょうか。

薬事法と病院と厚労省

皆さんは薬事法をご存知でしょうか。
その名前から薬に関する規制を連想する方が多いと思いますが、実は医薬品だけでなく、医療機器、広告などに関しても適応がなされている法律です。
1960年に制定されてから、今日まで運用がなされてきました。
ご存知の通り、最近では病院経営は簡単なものではなく、病院によっては破産に追い込まれるような事例も発生しています。
そもそもの来客数の増加、導入する機材や人件費の高騰など、様々な理由が病院経営の危ぶまれる原因となっています。
そんな中で、医薬品や医療機器、広告に関する規制への認識が甘くなり、薬事法に違反する事例も発生しています。
薬事法(広告)に背いた病院は、科学的根拠の乏しい誇張表現を自社ウェブサイトなどで記載し、不当な方法で来客を募っています。
世間の目は、厚生労働省役人が天下りをし、病院をますます荒廃させている、というふうに映るかもしれませんが、当事者たちは想像以上の経営努力、苦労をしています。
その過程で生じてしまった薬事法違反は、どのように処罰すべきか、同様の現象を繰り返す人がいなくなるにはどうすればよいか、日本という国全体で考える必要があります。
詳しい話は長くなるのでここでは省きますが、ぜひ薬事法について学んでみてください。
そして、どうすればサービス運営者、受益者にとってよい制度を作ることができるか、考えてみることをおすすめします。

特に広告行為が違反にあたる

ほとんどのケースで問題になる特に広告行為が過剰なケースなどは、バイアグラ商品は薬事法に反する可能性が高まってくるため、適度な広告展開を行っている業者などを利用することが得策であるといわれています。
これからの時代においては、多くのケースで問題となるバイアグラ通販は薬事法に反するといったことを検証するサイトが専門的に作られ始めているため、そういったED治療に使用される薬のネット上での専門知識と情報をあらかじめ検証しておくことによって、特に広告行為が問題となるケースを回避できる可能性が存在するのです。
今後のこういったネット上の広告行為に関する違法性を排除する方向に、これからのバイアグラをはじめとする医薬製品業界はシフトし続けていくため、より安全でノーリスクなED治療がより一層気軽に行われる時代が来ると予想されています。
バイアグラ通販は薬事法に反するという偏ったイメージを払拭するために、多くの業界が日夜インターネット上でさまざまな企業努力を常に最大限行い続けているのです。

バイアグラ通販は違法

ED治療薬として日本中の男性に使用されて続けている薬品の中で最近特に人気の医薬品であるバイアグラですが、WED上でもこの種の薬品が取り扱われているため、近年ではインターネットとパソコンの一般家庭への大幅な普及によって、誰もがインターネットの通信販売サイトのホームページやネットショッピングのホームページなどで、気軽にこの種のED治療薬の商品であるバイアグラを簡単に購入できるようになっています。
こういったネット上で数々のバイアグラ製品が流通している現状において、インターネット上での大規模な流通によって人々への認知度が高まると同時に、バイアグラ通販は薬事法に反するという意見もネット上などで発生するケースが増え始めているのです。
大方の意見ではバイアグラ通販は薬事法に反するという意見が存在していますが、特に広告行為が違反であるという意見も多く、そういったケースでは正規の薬事法の資格を所有していないネット店舗がほとんどであると考えられています。
正規の資格を所有しているネット通販業者の取り扱っているバイアグラの場合ならば、そういった正規のバイアグラ通販は薬事法に反することがないため、安心して安全に効果のあるED治療薬を購入してEDの治療を行うことができます。
多くの場合ではこれらのバイアグラ通販は薬事法に反するという誤ったイメージによって、多くの男性の人々がバイアグラのネットショッピングでの購入を控えてしまうリスクも存在するため、正規の正当な資格を有したネットショッピングの業者を利用することがこれからも推奨され続けていくのです。

各種保証内容を要チェック

個人輸入で購入する場合は、業者の信頼性の高さはよく調べておき、正規品保証があるか、配送保証があるかよく確認しておきたいものです。
そして、通販で購入する場合、正規品が届いた場合であっても、安易な利用は避けたいものです。
正しい使い方をしないと、良い効果を発揮できない場合もありますし、健康に害が出てしまう場合もあります。
すでに医療機関で処方された薬を利用している方の場合は、薬の使い方や禁忌、副作用についても理解ができていることが多いですが、今までED治療薬を使ったことがないという方は利用は慎重に行いたいものです。
ED治療薬はEDの悩み改善に役立ってくれる薬ですが、やはり副作用はありますし、併用禁忌もあります。
バイアグラやシアリスは心疾患のある方には禁忌ということがよく知られていますが、それだけではなく、他の病気の場合にも利用ができない場合もありますので、健康に不安のある方は、まずは医師に相談して安全に飲めるかを確かめておきましょう。
そして、人によっては副作用が強く出る場合もありますので、こうした場合も使用はやめ、医師に相談するようにしたいものです。