AIDでバイアグラや改善薬を入手する

AIDは個人輸入代行業者になります。海外の医薬品を取り扱っている輸入業者です。海外の医薬品というと、違法性を感じる方もいるでしょうが、個人で使う限りであればまったく違法性はありません。バイアグラといったものから、勃起改善を図る漢方薬も取り扱っています。AIDといった業者を利用する方の目的は、個人でしかも内緒で購入することができる点をメリットと感じ利用しています。クリニックで処方されるのを恥ずかしいと感じる人も多いです。

しかしこの点は少し注意が必要です。AIDはあくまでも個人輸入代行業者であり、クリニックではありませんので、診察は行っていません。バイアグラといったED治療薬は、服用してはならない人もいます。そのような人が服用すると、重篤な副作用が引き起こされる可能性があります。日本国内の医薬品であれば、たとえ副作用が出たとしても救済制度がありますが、個人輸入代行業者から購入した医薬品に対しては対象外になります。すべて自己責任で服用する覚悟が求められます。

またAIDのような個人輸入代行業者から仕入れる理由が他にもあります。それは保険の問題です。バイアグラをクリニックで処方してもらう場合、すべて自己負担となり保険を使うことができません。よって高額な医療費が掛かります。ED治療薬は一度服用すれば改善するといったものではありませんので、改善が必要な時に服用する必要があります。その度に高い医療費がかかります。それを改善するために個人輸入代行業者を利用する人が多いです。この業者が取り扱っている商品には、バイアグラのジェネリック薬品もあり、格安の値段で購入することができますので、医療費を抑えることができるでしょう。