バイアグラの偽造薬に確実な見分け方はある?

個人輸入代行などで販売されているバイアグラには、偽造薬が含まれているケースも多いです。
バイアグラを取り扱っているクリニックによると、6割は偽造薬だと言います。
個人輸入を利用した場合、60%の確率で偽物を購入してしまうわけです。

クリニックで処方を受ける場合は、100%本物を入手できます。
それにも関わらずクリニックを避ける方が多い理由は、健康保険の適用外なので非常に効果であること、そしてEDの診断を受けることが恥ずかしいこと、などがあります。
EDの検査では下半身を露出することは通常ありませんが、ペニスを見せると考えている男性がほとんどです。
また、定期的にクリニックに行くのが面倒で、個人輸入に手を出してしまう方もいます。
特に自宅からクリニックまで遠いと、通院するのが面倒になるものです。
1ヵ月分程度は処方してくれますが、それ以上のまとめ購入はできないのが普通です。

バイアグラの偽造薬の確実なる見分け方は存在していません。
医師や薬剤師などのプロですら、見た目だけでは判断が難しいと言います。
内容成分はどうであれど、見た目はそっくりに作られているため、成分調整をしなければ判断できないのが現状です。
専門機関に調査を依頼するのが確実な見分け方でしょうが、これを個人で行うような人はいません。

個人輸入でバイアグラを購入するときは、偽造薬を購入してしまうリスクを知っておく必要があります。
そして、日本で販売されていない用量には手を出さないことです。
100mgのバイアグラは国内承認されていないため、クリニックでも入手できません。
日本人の体形に合わない用量ですから、避けたほうがいいのです。
現在において確実なる見分け方は存在しないので、確実に本物を利用したい方はクリニックで購入するべきです。